「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格。身体上または精神上の障害があって日常生活に支障のある人に対し、専門の知識と技術をもって、入浴・排泄・食事などの介護を行い、介護に関する指導を行う専門職。資格を取得するには、厚生労働省が指定する養成学校などを卒業するか、介護などの業務に3年以上従事して国家試験に合格することが必要である。