鼻の穴の入り口部分は皮膚に覆われ鼻毛が生えているが、そこから奥の粘膜で覆われた空洞をいう。鼻粘膜には線毛という細い毛が密生し、吸い込んだ空気中のホコリや細菌、ウイルスなど有害な異物の侵入を防ぐ役割をしている。また粘膜の分泌液が乾いた空気に湿り気を与え、粘膜の下の豊富な毛細血管が冷たい空気を温めるなど、吸い込んだ空気を適度な湿度と温度に調整して肺に送っている。