ブドウ糖や果糖などの単糖類が2個または数個結合したもので、少糖類ともいう。オリゴは「少ない」という意味。定義上は単糖類が2個結合した砂糖や麦芽糖もオリゴ糖になるが、3個以上結合したものをさすことが多い。その場合のオリゴ糖の特徴は、胃や小腸で消化・吸収されずに大腸まで到達し、ビフィズス菌など善玉菌のエサにはなるが悪玉菌にはほとんど利用されないため、善玉菌を増やして腸内細菌のバランスをよくすることである。天然の食品では玉ねぎやごぼう、きな粉などに含まれる。