Continuous Positive Airway Pressure(持続陽圧呼吸)の略称。鼻マスクをつけて就寝すると、機械から適度な圧力を加えた空気が送られ、気道の閉塞を取り除いて無呼吸・低呼吸を防ぐという治療法。現在、睡眠時無呼吸症候群の治療に最も効果的といわれている。医療機関から機械をレンタルして自宅で継続して使用できる。CPAP療法により、いびきや昼間の眠気の改善だけでなく、高血圧の改善、心筋梗塞のリスク低下などが期待できる。