WHO(世界保健機関)が提唱した新しい指標で、日常的に介護を必要とせず、心身ともに自立して暮らすことができる期間のことをいう。健康余命ともいわれる。病気や障害、衰弱などによって介護が必要となった年数を、平均寿命から差し引いて算出する。WHOが2004年に発表したデータによると、日本人の健康寿命は男性72.3歳、女性77.7歳で、世界第1位である。厚生労働省の高齢化社会政策「健康日本21」は、健康寿命を延ばし平均寿命との差を縮めることを目標としている。