地域の高齢者の生活を総合的に支援する相談窓口となる機関。介護保険法の改正に伴って2006年に新設され、各市区町村に設置されている。保健師、ケアマネジャー(介護支援専門員)、社会福祉士などが配置され、適切なサービスや制度の利用につなげる総合的な相談・支援、虐待防止などの権利擁護、要支援認定を受けた人へのケアプラン作成などを行う。運営は原則的に市区町村が行うが、非営利法人などに委託することもできる。