ケガや傷害の予防、治療、再発予防などを目的に、専用の粘着テープを貼ることによって関節など体の一部の動きを制限したり保護すること。整形外科や接骨院などで主にケガの治療に用いられるほか、スポーツの分野ではケガ対策だけでなく運動フォームの矯正などパフォーマンスの向上を目的に用いられることもある。テープには伸縮性、非伸縮性を始めとしてさまざまな種類があり、目的と用いる部位によって使い分けられる。