日常生活を営むのに支障がある高齢者や障害者の家庭を訪問し、介護や生活支援などのサービスを提供する人のことで、訪問介護員ともいう。介護保険法で「都道府県知事が指定する研修課程を修了して証明書の交付を受けた者」と定められている。具体的には、食事、排泄、入浴などの身体介護、調理・洗濯・掃除・買い物などの家事援助、生活や心身のことに関する相談、助言などを行う。