A型インフルエンザウイルスによって起こる鳥の病気。かもやあひるなど野生の水禽(すいきん)類の腸管内で増殖して鳥の間で感染するが、水禽類は感染しても発症せず、鶏やうずらなどの家禽(かきん)に感染すると病原性を発揮することがある。なかでも鳥類が死亡する病原性の高いものを高病原性鳥インフルエンザといい、近年世界各地で家禽類の大量死を起こしている。通常人には感染しないが、感染した鳥と濃厚接触をした人への感染が認められ、ウイルスの変化によってヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザへとつながる可能性が指摘されている。