禁煙による禁断症状(離脱症状)を和らげるなど、禁煙をしやすくする薬のこと。従来からあったニコチンガムとニコチンパッチに、2008年5月飲み薬「バレニクリン」が加わった。ニコチンガムとニコチンパッチは、少量含まれるニコチンが禁断症状を緩和するもので、薬局・薬店で購入できる。バレニクリンはニコチンを含まないが、禁断症状を抑えるだけでなく喫煙しても満足感が得られないような作用がある。ニコチンパッチまたはバレニクリンを使用して医療機関で禁煙治療を受ける場合は、一定の条件を満たせば保険適用となり、ニコチン依存症の人の禁煙に効果を上げている。