2006年の薬事法改正(2009年6月施行)で新たに誕生した資格。薬剤師以外に市販薬の販売ができる専門家として認められる。改正薬事法により、市販薬はリスクの程度に応じて3区分に分類され、特にリスクの高い第一類医薬品は薬剤師のみが、それ以外の第二類・第三類医薬品は、薬剤師のほかに登録販売者も販売や相談応答、情報提供を行うことができるようになった。登録販売者になるには、「高校卒業程度かつ市販薬の販売業務などの実務経験1年間」など一定の条件を満たす者が、各都道府県が実施する認定試験に合格する必要がある。