虫歯の原因となる代表的な細菌。食べ物の糖分(とくに砂糖)から強い酸とネバネバした多糖体をつくり、そこにさまざまな細菌が集まって歯垢(しこう)が形成される。ネバネバしているので、つるつるした歯の表面にもくっつくことができ、強い酸が歯を溶かしてむし歯をつくる。ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口にはいないが、両親など身近な人の口から唾液を通して感染することがわかっている。