人間の体内に最も多く含まれるミネラル。骨や歯をつくる成分となるほか、筋肉や神経の働きを活性化させたり、神経を鎮めてイライラを抑えるなどさまざまな働きをしている。血液中のカルシウムが不足すると、骨のカルシウムを血中に放出して一定量が保たれるようになっているため、カルシウムの摂取が不足すると、骨がスカスカになる骨粗しょう症になりやすい。牛乳・乳製品、小魚、青菜などに多く含まれるが、日本人には不足しがちな栄養素である。ビタミンDやマグネシウムはカルシウムの吸収を高めるため、あわせて摂取することがすすめられる。