デオキシリボ核酸の略称で、ウイルスの一部を含むほぼすべての生物の細胞中に存在し、遺伝子を構成する。デオキシリボース、リン酸、塩基(アデニン・グアニン・シトシン・チミン)が結合して鎖を作り、二重のらせん構造を形成している。4種類の塩基の配列順序に遺伝情報が含まれる。親子など血縁の鑑定や、犯罪捜査での個人特定などのためにDNAの鑑定が行われることがある。