脳内の神経細胞などに存在し、ほかの神経細胞へと情報を伝えていく化学物質のこと。神経細胞を興奮させたり、抑制したりしながら、学習や記憶、睡眠、覚醒、運動など脳の働きにかかわっている。代表的なものにドパミン、アドレナリン、セロトニン、アセチルコリンなどがあり、それらの量は厳密にコントロールされているが、このバランスが崩れることでさまざまな症状が現れる。セロトニンが欠乏するとうつ病になりやすく、ドパミンが欠乏するとパーキンソン病の原因になることなどが知られている。