臨床研修期間中の医師のこと。医師法によって、診療に従事しようとする医師は2年以上の臨床研修を受けなければならないとされているが、以前は臨床研修を受けることは努力義務とされていた。2004年に導入された「新医師臨床研修制度」によって、プライマリーケアに対処できる幅広い分野の基本的診療能力の習得を目的に、さまざまな分野での臨床研修が必修化された。また、それまでは出身大学に残って研修を受けることが一般的だったが、研修先を自由に選べるようになり、研修医の都市部大病院などへの集中と、出身大学の附属病院や地方病院の医師数の不足といった問題も起こっている。