特定の領域に関して優れた知識・技術・経験をもつ医師のこと。狭義には、各学会などが個別の専門医制度のもとに認定した医師をいい、それぞれが定めた資格審査や試験に合格した医師を専門医としているため、統一的な認定基準はない。医師は自由に診療科目を選んで看板(標榜)を掲げることができるため、診療所などが標榜する診療科は、医師がその診療科の専門医であることを表しているわけではない。平成20年度に開催された厚生労働科学特別研究事業における研究班は、地域医療を担う家庭医・総合医を含めた専門医の指導、教育研修のプログラムなどについて調査・検討を行い、教育・研修を認証する公的な独立組織の必要性を提唱し、国民的な議論を呼びかけている。