高齢や障害のため日常生活を営むのに支障がある人たちが、在宅生活に近い生活環境の中、スタッフの援助を受けながら少人数で共同生活を行う形態をいう。介護保険制度では「認知症対応型共同生活介護」として給付の対象になっている。認知症対応型共同生活介護は、認知症の要介護高齢者が、食事、排せつ、入浴など日常生活上の世話や機能訓練を受けながら、家庭的な落ち着いた環境で共同生活を送ることで、症状の改善を図ることを目的としている。