腟に指や専用の器具を挿入して行う婦人科特有の診察方法のこと。子宮や卵巣、腟内の状態を調べ、妊娠の診断のほか、子宮や卵巣の病気、腟炎や腟感染症などの発見や診断を行うための基本となる。内診台という特殊な診察台の上で行うことが多く、抵抗感や恐怖感をもつ人もみられるが、超音波検査ではわかりにくいトラブルなども発見できるため、婦人科では必須の診察である。