ナチュラルキラー細胞(natural killer cell)の略称。免疫細胞の一種で、大型のリンパ球。異物を殺すキラー細胞として働き、がん細胞やウイルス感染細胞を発見すると攻撃して殺してしまう。NK細胞が減少したり活性が弱くなると、免疫力の低下につながり、がんや慢性疾患、感染症などにかかりやすくなる。NK細胞の活性は加齢やストレスなどによって低下し、逆に、笑うことや、森林浴などによって高まることが確認されている。