肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などを引き起こす原因となる細菌。健康な人では症状を起こさないことが多いが、高齢や慢性疾患などにより免疫力が低下してくると、上記の病気を引き起こす原因となる。とくに肺炎は高齢者では死亡率が高く、なかでも肺炎球菌による肺炎が最も頻度が高く重症化しやすい。肺炎球菌による肺炎の予防には肺炎球菌ワクチンが有効で、65歳以上の高齢者や、慢性の呼吸器・心疾患などをもつ患者などが接種対象となっているが、接種率は低い。