腎臓から尿管を通って送られてきた尿をためておく袋状の臓器。骨盤の内側、恥骨の後ろに位置し、健康な成人で尿を300〜500mlほどためることができるが、個人差がある。膀胱は尿をためる働きのほか、ためた尿を尿道から排出する働きをもつ。尿をためるとき、膀胱は自然に緩んで尿をため、尿道は閉まって尿がもれるのを防ぐ。また、排尿するときは尿道が緩んで膀胱が収縮し、尿を排出する。こうした機能は自律神経の働きによって無意識のうちに行われるが、膀胱に尿がたまるとその情報は大脳に伝えられて尿意を催し、排尿の許可は意識下に行われる。