2002年に開催された国際尿禁制学会で新しく認められた症状・症候群。「尿意切迫感を主症状に頻尿や夜間頻尿を伴い、場合によっては切迫性尿失禁を伴う症候群で、明らかな原因疾患が認められないもの」と定義される。尿意切迫感は、突然尿意を感じてがまんできなくなること。何らかの原因で膀胱の状態が過敏になり、尿が少ししかたまっていないのに膀胱が収縮し、尿失禁を起こすと考えられる。治療は膀胱の収縮を抑える抗コリン薬による薬物療法を基本に、尿をがまんする訓練や骨盤底筋訓練、電気刺激療法などが行われる。