もともとリハビリ用に開発された、筋力トレーニングのためのゴム製の道具。負荷が小さいものから大きいものまでいろいろな強度のものがあるので、実際に引っ張ってみて無理のないものを選ぶとよい。持ち手のついているものが使い勝手がよく、チューブを長く伸ばすほど負荷が増す。トレーニング方法はさまざまで、チューブ一本でほとんどの筋肉を鍛えることができる。正しいフォームで、引っ張るときも戻すときもゆっくり行うことが大切。