強力な美白効果がある成分で、シミの治療などに用いられる。日本では、以前は医薬品として医師の処方によってのみ使用が可能だったが、2001年の薬事法改正により、一般の化粧品に配合することができるようになった。メラニン色素がつくられるとき必要なチロシナーゼという酵素の働きを抑える働きや、メラニン色素の増加を抑える働きがあり、シミを予防するだけでなく、シミが大きくなるのを防ぐ効果がある。皮膚への刺激が強いため、市販されているものの濃度は低く、濃度の高いものは医療機関で使用されている。