公的な医療保険制度で、加入者は保険料を負担し、医療が必要になったとき医療費の多くの部分を制度から補填してもらうしくみ。日本では、国内に住所のあるすべての国民が何らかの健康保険に加入することになっている。雇用されている人が加入する職域保険(組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険<協会けんぽ>、各種共済組合)、職域保険に加入していないすべての人(自営業、無職の人など)が加入する地域保険(国民健康保険)、75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度などがある。狭義では、協会けんぽや組合管掌健康保険をいう。