葉緑素とも呼ばれる緑色の色素。植物や藻類などに含まれ、太陽の光エネルギーを利用して水と炭酸ガス(二酸化炭素)から酸素と炭水化物を作り出す光合成において、中心的な役割を担う。クロロフィルには消臭と殺菌の作用があるとされ、口臭予防液やチューインガム、ニキビ予防をうたった化粧品などに使われている。ほかにも、強い抗酸化作用によるがん予防効果、コレステロール値を下げる効果などが期待されている。野菜ではほうれんそう、モロヘイヤなどに多く含まれる。