右上腹部、肋骨の下にある肝臓の下方裏側についている、ナスに似た形をした小さな袋状の臓器で、胆汁を一時的に貯え、濃縮する。胆汁は脂肪やたんぱく質の消化吸収を促す消化液で、肝臓で1日500〜1000ml 程度分泌され、胆のうに貯えられて濃縮され、十二指腸へ送られる。胆汁の主な成分は胆汁酸、胆汁色素(ビリルビン)、コレステロールで、これらの成分が変化して結晶化したものが胆石である。最近は食生活の欧米化などが原因で、胆汁の中のコレステロールが増えすぎてできるコレステロール結石が増えている。