胆汁色素(ビリルビン)が何らかの原因で血液中に増加し、皮膚や粘膜が黄色くなる状態をいう。肝炎や肝硬変などの肝臓の病気、胆石症など胆汁の通り道が塞がる病気、赤血球が破壊される病気などが原因で起こる。眼球の白い部分が黄色く見える、尿の色が濃いなどの症状で気づくことが多く、疲労・倦怠(けんたい)感や皮膚のかゆみ、発熱などの症状を伴う。