ヒトパピローマウイルス(human papilloma virus)の略称。パピローマまたは乳頭腫と呼ばれるいぼをつくり、ヒト乳頭腫ウイルスともいう。性行為によって感染し、尖圭(せんけい)コンジローマや子宮頸がんの原因となる。100種類以上のタイプがあり、大きく低リスク型HPVと高リスク型HPVに分けられ、前者が尖圭コンジローマなどの、後者が子宮頸がんの原因になると考えられている。感染しても通常は一過性で、自己免疫力でHPVは自然に消滅する。高リスク型の感染が長期に持続した場合、子宮頸がんになることがある。