唾液の分泌量が減少して口の中が乾く状態。口腔乾燥症ともいう。症状は口の中がネバネバする、食べ物が飲み込みにくい、歯垢や舌苔(ぜったい)が増える、口臭がするなどで、進行すると口臭が強くなる、舌の痛みでしゃべりにくい、食事がとれないといった症状が現れたり、むし歯や歯周病にもつながる。原因には、加齢による唾液分泌量の減少のほか、ストレス、薬の副作用、糖尿病や腎臓病、シェーグレン症候群(膠原病の一つ)などの病気があげられる。口の渇きが続くようなら、「ドライマウス外来」の受診がすすめられる。