リハビリテーションを主な目的に、老人保健施設や病院などが提供する日帰りサービスで、「デイケア」ともいう。医師が必要と認めた人を対象に、理学療法や作業療法、言語聴覚療法などのリハビリテーションや、医学的管理、生活上の世話などが行われる。急性期のリハビリテーションを終えた人や療養中に心身機能が低下した人に対し、心身機能の維持・回復、日常生活の自立、家族の介護負担の軽減などを目的に行われる。条件を満たせば、介護保険の居宅サービスとして受けることができる。