在宅で介護を受けて暮らしている人が、一時的に施設などに入所して受けるサービスのことで、「ショートステイ」ともいう。状態が安定している要介護者が特別養護老人ホームなどに短期入所して日常生活上の世話や機能訓練などを受ける「短期入所生活介護」、医療的な管理が必要な人が老人保健施設などに短期入所して看護、機能訓練、日常生活上の世話などを受ける「短期入所療養介護」などがある。利用者の心身機能の維持、家族の介護負担の軽減などを目的に行われ、条件を満たせば、介護保険の居宅サービスとして受けることができる。