病変部や病変が疑われる部分の組織を一部採取して顕微鏡などで調べることで、組織診ともいう。病気の正確な診断や治療効果を調べるために行い、麻酔をして、針を刺して吸入したりメスで切り取るなどの方法で組織を採取する。とくにがんの診断には不可欠で、画像検査や内視鏡検査などでがんの疑いが強く出た場合、生検を行うことでがん細胞の有無、がんの種類や悪性度などを知ることができ、診断が確定する。