食後の血糖値が異常に高いこと。食事をしてから2時間後に測った血糖値が140mg/dl以上の場合をいう。糖尿病やその予備群の人は、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌に時間がかかり、かつインスリンの効き目も弱いため、食後大幅に血糖値が上昇してしまう。空腹時血糖値が低くても、食後高血糖が長く続けば動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まることが明らかになっている。食後高血糖を防ぐために、未精白の穀類や豆類など、血糖値を上げにくい(GI値の低い)食品や、血糖値の急激な上昇を抑える食物繊維を十分にとることが望ましい。