眼球の中、角膜の後方にある両面凸状の透明な組織で、角膜とともにレンズの働きをしている。水晶体の厚みを変えることで目の焦点を合わせており、遠くを見ようとするときは薄くなり、近くを見ようとするときは厚くなる。水晶体の周囲の毛様体筋という筋肉が伸び縮みすることで厚みの調節を行い、ピント合わせをしている。加齢とともに水晶体の弾力性が失われると老眼になる。また、水晶体は紫外線を吸収して目を守るフィルターの役割をしており、水晶体が白く濁る白内障は、紫外線にさらされ続けてきたことが原因といわれる。