糖尿病になりやすい遺伝的な体質に加え、食べ過ぎ、運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因となって発症する糖尿病のこと。すい臓からのインスリン分泌量が不足したり、インスリンの働きが悪くなって高血糖となる。日本人では糖尿病の約90%を2型糖尿病が占め、生活習慣病といえる。40歳以降に発症することが多いが、近年は子どもにもみられるようになっている。治療は、まず食事療法や運動療法を行い、効果が出ない場合に薬物療法へと進む。