前立腺でつくられている物質で、血液中にも流れ出ている。前立腺の異常に限って反応するため「前立腺特異抗原」と呼ばれ、その英語表記の頭文字をとってPSAという。前立腺がんの場合、PSA値が高値になることから、前立腺がんのリスクを判定する指標とされている。ただしPSA値だけで前立腺がんであると診断することはできず、確定診断のためには組織を採取して顕微鏡で調べる生検を行う必要がある。PSA値はがん以外にも、前立腺の肥大や細菌感染による炎症などでも高くなることがある。