Human Immunodeficiency Virus (ヒト免疫不全ウイルス)の略称。人間の免疫細胞に感染し、病原菌などへの抵抗力(免疫)を奪ってエイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)を発症させるため、俗に「エイズウイルス」とも呼ばれる。HIV感染者の体液(血液、精液、腟分泌液、母乳、唾液など)に含まれているが、HIV自体の感染力は弱く、感染経路は性行為感染、母子感染、血液感染にほぼ限定される。感染して数週間から1カ月で体内に抗体ができる。HIV抗体検査はこの抗体の有無を血液から確認するものなので、感染したと思われる機会から3カ月以上たってから検査を受けることが望ましい。