がんが最初に発生した部分から、体のほかの部分に移り、発生・増殖すること。がん細胞の周りにしみ込むように広がる浸潤に対し、がん細胞が血管やリンパ管などを通って、離れた組織に飛び火するように広がることをいう。転移する部位は骨や臓器などさまざまで、がんの種類によっても転移しやすい部位は異なる。転移があると、一般的に治療は難しくなる。