飲酒によって体内に入ったアルコールが分解されると、体に有害なアセトアルデヒドという物質ができる。これをさらに肝臓内で酢酸に分解するのがアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)。酢酸はこの後、二酸化炭素と水に分解されて体外へ排出される。ALDHの活性度が低いと、体内に残ったアセトアルデヒドが悪酔いや二日酔いの原因になる。日本人の約40%はALDHが低活性型で、約4%は活性そのものがない不活性型といわれる。