不妊治療のうち、体内での受精が困難と考えられる場合に行われる体外受精の方法の一つ。卵子と精子を体外に取り出し、顕微鏡で観察しながら極細の先のとがったガラス管(ピペット)に精子を1匹だけ吸引し、1個の卵子の細胞膜を通して細胞質の中に精子を注入する。一定時間培養液中で育て、受精が確認できたら、分割が始まった胚と呼ばれる状態で母親の子宮内に戻す(胚移植)。治療の難しい男性不妊症や原因不明の不妊症などの場合に用いられる。