臨床心理学の知識や技術を基に、心にかかわる問題の解決や援助に携わる専門家。国家資格ではないが、文部科学省が認可する日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格しないと取得できない。試験を受けるにも、心理系大学院の修士課程の修了や、一定期間の心理臨床経験が必要とされ、資格取得後も5年ごとに資格更新審査が行われる。教育、心理相談、医療・保健、福祉、司法、矯正、労働・産業など活動の分野は幅広い。