主に病院のスタッフとして社会福祉の立場で、患者や家族からのさまざまな相談に応じ、患者の社会復帰の促進を図る専門職。MSWと略称される。「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の有資格者が携わることが多いが、無資格で業務についても違法ではない。業務内容は、治療中に生じる心理的・社会的問題の解決や調整の援助、受診・受療を促すための援助、退院後の療養や転院する場合の援助、社会復帰の援助、医療費などにかかわる経済的問題の解決や調整の援助など幅広い。法的な規定はないので、どこの病院にも必ず配置されているわけではない。