ミネラルの一種でセレニウムともいう。活性酸素の発生を抑制し、過酸化脂質を分解する抗酸化作用が高く、がん予防や老化防止に効果が期待されている。血圧をコントロールするホルモンが体内でできるのに欠かせないミネラルでもあり、高血圧や動脈硬化、ひいては脳血栓や心筋梗塞の予防も期待できる。このほか、有害物質である水銀の毒性を弱める効果がある。魚介類や肉類に多く含まれ、現代の日本の食生活では欠乏する心配はほとんどない。むしろ、とり過ぎると過剰症の恐れがある。