ある薬や治療法が、人間にとってどれほどの有効性や安全性があるかを調べる試験。新しく開発された薬や治療法が動物実験だけでなく人間を対象にした試験でも有効性や安全性が確認できるかどうか調べる試験のほか、すでに承認されて使われている薬や治療法について、効果の追跡調査や別の効能の調査・確認を内容とする試験もある。臨床試験の中で、とくに医薬品や治療法として国の承認を得るために、厚生労働省が定めた厳しい実施基準に従って行われるものを「治験」と呼ぶ。