高齢になると増えてくるタイプの高血圧。収縮期血圧(最高血圧)が高くなる一方、拡張期血圧(最低血圧)は下がり、両者の差が大きくなるのが特徴で、血管の内側が厚く硬くなる動脈硬化が原因で起こる。動脈硬化が進んだ血管内では、流れる血液量は健康な血管の場合より少なくなってしまい、心臓はより強い力で血液を送り出さないと全身を巡らせることができないため収縮期の血圧は上昇するが、拡張期では流れる血液量が少ないために血圧は低くなる。上下の血圧の差が大きいほど心臓病のリスクが高まる。