民生委員は、地域社会で住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めるボランティア。民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱され任期は3年。居住する市区町村内で担当の区域が定められ、住民の生活状態を把握し、自立した生活が営めるよう助言や援助を行い、行政の社会福祉関係業務に協力する。また民生委員は児童福祉法に基づき児童委員も兼ねており、地域の子どもの健全育成、妊娠中・子育て中の親の不安や心配事などの相談・支援にも応じる。児童相談所と連携し虐待防止にも一翼を担うなど、その職務範囲は広い。