新しい医療技術を用いて健康保険が適用される医療の水準を超え、治療の実績を上げていると厚生労働大臣が承認した医療行為を指す。将来的に保険診療を認めるべきかどうか検討の対象になっており、当面は国民の選択肢を広げ利便性を高めるため、先進医療にかかる費用は全額自己負担だが、通常の保険診療と共通する部分(診療・検査・投薬・入院料など)には健康保険が適用される。先進医療を受ける場合は、医療機関からの説明を聞いて同意書への署名が必要。