社会福祉や保健医療関係の相談・援助に当たる専門職で、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格。障害者、生活困窮者、高齢者など日常生活でさまざまな困難を抱えた人たちに、福祉に関する相談に応じ、助言・指導や、関係機関との連携・調整、その他の援助を行う。ただし、社会福祉士の資格がなければこれらの業務に携われないというものではない。主な職場は地域包括支援センター、老人ホーム、老人保健施設、病院、社会福祉協議会、障害者施設、児童福祉施設、児童相談所、福祉事務所など。